外国為替市場介入(為替介入)とは方法が何通りかあります

外国為替市場介入(為替介入)というのは聞いた事がありますか?日本銀行が介入して新聞記事、雑誌、報道番組、ネットの報道記事で見かけたみなさんもいると思います。

初めから為替の介入とは我が国の場合、◯財務大臣が為替の相場の安定性を保てるように実施する方策として位置づけられています。

簡潔に言えば、かなりの円高、円安の時に財務大臣の指令をもとに中央銀行(日本銀行)日本円を売り買いすることで為替のレートの安定をさせる、ものを言います。

外国為替市場介入(為替介入)とは方法が何通りかあります。

1.単独介入・・・行政機関もしくは中央銀行(日本銀行)が、東京市場の中で自らが市場に加わって為替介入をする。

2.協調介入・・・通貨当局が話し合い各々の通貨当局の資金を以て同時期にもしくは随時為替の介入して行く。

3.委託介入・・・他国の銀行などに向けて外国為替平衡操作(為替介入)を委任する。

4.逆委託介入・・・日銀が他国の通貨当局に成り代わって為替介入(外国為替平衡操作)を行なう。

こんな種類があります。

どの場合の介入もその場、もしくは継続して市場に影響力を与えるでしょう。

介入の資金は面目をかけているだけにスケールが大きいです。

円を元に考えると、普通は数銭単位で動いている円相場が数円単位の動きをするのです。

投資家の人であれば経験したことがあると考えますが、これまでは期待通りに利益(または含み損)が増えていた保有高を維持していたところに、維持している持ち高が決済したとのことで連絡がFXの業者からメールが届き・・・どの程度儲かったのかな(損益が出たのかな)?と気にしながら決済後のデータを確認したところ、自分の中で予想していた事とは反対の事態に驚いたといったケースがあるのです。

外国為替市場介入(為替介入)が行なわれた場合によくある話です。

こういったことから為替介入(外国為替平衡操作)を施行すると、為替の傾向と正反対の動向をするのです。

それだけでなく変化する金額の幅はものすごく大きく大きく動きますので気をつけましょう。

コンテンツメニュー

    Link