弁済してしまう支払い

カードキャッシングなどをしますと月々指定の時、口座から自動の手続きで支払いがなされていきます。

ラジオ等の告知でATMでいつだって支払いというものができるということに言われてますがそれは月々の支払いというものとは別に返済するケースのに関して言及しています。

かようなものを、前倒し支払いというように言いまして残金総額に関して終わらせるものを総額繰り上げ弁済、一部金を弁済してしまう支払いを一部分一括支払いと呼びます。

つまり、臨時所得などのもので経済的に経済的余裕というものが在るケースは、自動現金処理機からや口座送金により一部分あるいは総額に関して弁済する事ができるわけです。

またこうしたことだけでなく繰上弁済には利益というのが多くありまして欠点といったものは完全にないのです。

これらの強みとは、別口で弁済することで元金総額について減ずるといったことをできますので支払回数というのが少なくなったりするので利息に関しても節減でき弁済トータルそのものを縮小可能ですので一石二鳥な弁済方式となるのです。

なお注意したいことは、どんなとき一括返済するかということです。

クレジットカード会社は支払日時と別に締めがと言うのが存在したりするのです。

たとえば15日が〆め日で翌月10日支払いだとしましたら月中から以降は次の月分の利率を含めた弁済金額へと確定してしまうのです。

これは、月中以後繰り上げ支払したという場合であっても、翌月分の支払額は確定しておりますので、その期間に早期返済した場合でも明くる月の弁済額に対しては何も影響というものがないのです。

ゆえに繰り上げ支払いといったものが即座に作用を与するようにするためには、支払期日の翌日からその次の〆の来る前までの期間に早期返済してしまうことが要求されるのです。

だけど、そんな時の利子の差額というのはすこぶる小さいものです。

そんなくらいは眼中にないと言った人は随時自由自在に早期弁済していきましょう。

わずかでも小さくしようと考える方は、支払い日時から〆までの間に繰り上げ支払した方がよいでしょう。

コンテンツメニュー

    Link