www.azsirocco.com

自己破産の申告を行うと知り合いに秘密が明らかになってしまっては恥ずかしい、というように人に知れることが恐ろしいと真剣に思っている人も少し冷静になって頂きたいのですが、自己破産の申告を行っても公的な機関から勤務先などに事実関係の報告などがすぐにいってしまうことはまず考えられないので一般的な場合ならば気付かれてしまうことはないです。またごく普通の話ならば自己破産に関する申立が済んでいるならば債権者から部署の人間に請求の連絡がいくといったようなこともないと言えます。一方で債務整理の申請を公的機関に対してしてしまうまでの間であれば債権者から勤務先に手紙が送られることもありますからそのような経緯で秘密が明らかになってしまうといった不幸なことがありますし、月々の給料の差押えを実行されると当然同僚に知られるという結末になってしまうことは避けられません。これに類する可能性が頭から離れないのであれば専門の司法書士あるいは弁護士などに自己破産手続きの依嘱をするといった解決手段を考えてみるのがよいでしょう。司法書士や弁護士などといった専門家に任せるケースだとまず全債権者に受任したことを知らせる書面が送られますがそういった通知が配達された後は貸し手が借り主を対象として直接返済の請求をすることは固く禁止されているので会社の人間に露見してしまうなどということもほとんどあり得ません。そして自己破産手続きが原因で今の職場を辞さなければならないのかどうか?ですが公的な戸籍又は住民票に記されてしまうという事態はまず考えられませんので、普通であれば会社に明らかになるなどということはあり得ません。もし、自己破産を申し込んだことが自分の上司に気付かれてしまったとしても破産をしたこと自体を理由としてクビにするといったことはまずあり得ませんし、自主退職することも全然ありません。ですが自己破産申請が勤務先に知られてしまい、職場に居づらくなってしまい退職してしまうことがあるというのも事実だと言わざるを得ません。給金の仮押えについては、民事執行法の中で差押禁止債権の枠内で賃金・給料などというものについて制定されておりそういったお金においては1月4日以下までしか差押を許可してはいないのです。ですからそれを除く75%に関しては押収をすることは許されていません。そして、民事執行法内で、スタンダードな一個人の必要経費を考慮に入れて政府の発令で基準(三十三万円)を定めていますので、それ以下は25%のみしか強制執行されないように制度が作られています。つまり借金を持つ人がそれ以上の月給を取得しているならばそれを越えてお金において全部没収することができます。ただし自己破産について定められた法律の改正によって債務返済に対する免責許可の申込があり自己破産申立と同時に免責が決まる同時破産廃止の決定などによる処分が確実になり、破産処理の終了が決まっていれば借財の免責が決定し、確約されるまでは、破産者の財産に対して強制執行、仮押え・仮処分などの適用が実行出来なくなりこれより前に執行されている仮押えなどについても中止されるようになったのです。さらには、免責が確定ないしは決定された際には時間的にさかのぼってなされていた仮押えなどは実効性を失するのです。

コンテンツメニュー