www.azsirocco.com

このアルバムの一番の素晴らしさは、本当にコンセプト性なのでしょうか。 たしかに、アルバムのコンセプト性など重視されていない時代にこのアルバムは革新的だったのかもしれませんが。 ただ、本人たちが意識している何十倍も音楽雑誌や聴き手が勝手に煽り立てて感じているだけじゃないのでしょうか。 確かにこのアルバムには他のビートルズのアルバム以上に統一感を感じます。しかし、コンセプト性となると、正直最初と最後のとってつけたような演出だけで、間の楽曲には一切コンセプトなんか感じません。ボウィの「ジギー・スターダスト」の100分の1も感じません。(時代が違いすぎますが。) 特筆すべきは、(当たり前かもですが)個々の楽曲の素晴らしさ。特に「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」。ジョンのサイケなボーカル、いかれた楽曲構成、決して大仰に感じない芸術的なオーケストラ。 これまでのビートルズ像を一瞬で破壊する、そして破壊しきるだけの魅力をもった最高の楽曲だと思います。

コンテンツメニュー